【福岡院】院長プロフィール

福岡院院長:渡嘉敷 亮

施術や講義の中で、私自身が勉強させられることも多いのです。

こんにちは。院長の渡嘉敷亮(とかしき りょう)です。福岡の中央区大手門にて気功療術を行っています。

一時期、会社勤めをしていた頃体調を崩したのをきっかけに始めた気功。

それまでは『気』に全く興味がないばかりか「目に見えないのは怪しい!」と頭から思っていました。その頃、気功を勉強していた弟や師匠、様々な人の助けをかりて回復していく中で気というものを感じ、健康を取り戻していくこころと体を通して「気ってあるんだな。」という実感を持ったものです。

その経験から、会社勤めの後障害児保育を志しながらも「職人技である医療気功の技術があるほうが、将来障害児保育でできることも多いだろう」と思い気功の道へ。「水があう」というのは本当にあるもので、結局気功師として人々の不調を改善する立場を選びました。

今では赤ん坊から年配のかたまで、時にはペットの療術を行うこともあります。

気は特別な人しか使えない魔法ではありません。

人が血液や筋肉、骨などを持っているように、生きている人が当たり前に持っているものです。それが「足りない、質の良くないものが多い、滞っている」ことで不調は起こります。

目に見えず(見える方も時々いらっしゃいます)、だけど確実にこころと体の状態に反映される「気」という生命エネルギー。

「気」を整えることで、縁のある人たちのこころとからだの健康をサポートしたいとここ福岡で施術とワークショップをご提供しています。

健康なことはそれだけで楽しく、気持ちいいもの。自分がやりたいことをやるために必要なことの一つです。

これからも大好きな福岡で、温かな空間と信頼される質の高い療術を提供していきたいと思います。

不調の改善はもちろんのこと、「ここで過ごす時間が気持ちいい。」、「ここに来ると元気が出る。」と言われる治療院であり続けることが目標です。

〔経歴〕

1975年 長崎県生まれ
1997年 佐賀大学農学部生物生産学科卒。建設コンサルタント勤務。
1999年~ 体調を崩したのをきっかけに気功を始める。
2002年~ 建設コンサルタントを退職し、障害児の保育を志す。
2004年~ 張永祥老師の下で気功を学ぶ。東洋気功療術院で療術を行いながら、併設の気功師養成学校にて講師を勤める。
2009年~ 福岡にて、とかしき気功療術院開院