こころと体の改善のために

こころと体に不調が現れた時、『あのとき無理したから』とか『忙しい日が続いたから』など
その原因を自覚できる場合と、『なぜ痛いんだろう?』、『なぜ具合が悪いんだろう?』と
自分ではその原因が分からない場合があります。
いずれにしろ不調はどこからか降ってわいてくるものではありません。

普段のこころと体の使い方(無意識レベルでの使い方まで含む)の結果が
そのまま現れるだけなのです(先天的なものは除きます)。

ですから、「痛みをとる」など対症療法的なアプローチももちろん大切ですが、
不調を繰り返したり、悪化させたりしないためには根本原因から
アプローチしていくことがとても大切なのです。

本来、私たちのこころと体は「命を守る」ためにいつも「元気でいよう」と一生懸命働いています。
しかし、それが負荷の限界を超えてしまうと
『もう限界!これ以上守れない!使い方を変えて!早く気づいて!』
というサインをさまざまな不調という形で出し、私たちに気づかせてくれるのです。
ですから、さまざまな不調は決してマイナスなことばかりではなく、
これからも命を守っていけるように私たちを促してくれているのです。

身体を直接調整

では、こころと体をできるかぎりスピーディに改善していく時には何が必要なのでしょうか?

いくつかの項目に分け簡単にまとめてみました。

・原因から調整すること
体調が良くない場合、必ず何かしらの原因があります。原因が何もないのに不調だけが起こることはありません。「原因がはっきりしない=原因がない」わけではないのです。例えば、なかなか取れない頭痛が足首のズレから始まって首のズレ、頭蓋骨の歪みからきている場合があります。その場合は頭痛だけでなく、足首のずれから調整します。吐き気が胃からではなく、肝臓の「質のよくない気」が胃に流れ込んで起きる場合もあります。その場合は胃だけではなく肝臓から調整します。激しい喘息の症状が不安や気負いすぎから起こっているときはメンタルレベルで調整をしたり、話をしたりします。
辛い部分を調整することは大切ですが、それだけでは対症療法になってしまい一時的な効果しかありません。効果自体があまりない場合もあります。自覚症状として現れているものだけでなく、その原因となったところにまで目を向けて調整していくこと。これが不調の改善と再発を防ぐという意味でとても大切なのです。

・改善目標を明確にすること
体調を崩していると、『もう治らないんじゃないか』とか『自分の人生もうだめだ』とついつい弱気になってしまいます。それが長期間になればなおさらです。いつのまにかこころまでが病んでしまうのです。前述のように私たちのこころと体は互いに強烈な影響を与え合っています。ですから、体の不調があってもこころの力を使って現状を大きく変えていくことは可能です。具体的には自分が痛みや不調から解放されて楽しく快適に日々を過ごしている様子を明確にイメージすることです。すると神経レベルで体に送られている命令が変化し、筋肉の緊張やからだの使い方が変化し始めます。『今までの無理な使い方を見直すきっかけにしよう!』という気持ちで現状に取り組むことが、改善への近道です。

・素直な気持ちで取り組むこと
私たちの体は休息している時に治す力が最も強くなります。これは決して睡眠時のことだけをさすのではありません。例えば刃物か何かで手を切ったとき多少消毒してあとは放っておくと勝手に治りますよね?それに対して同じように手を切ってもそのことを心配してばかりいるとなかなか治らない。これは心配することで体の治す力が発揮されづらくなってしまうからです。つまり、休息とは体だけでなくこころも安静(心配していない)な状態ということです。不調に捉われないこと。素直な気持ちで体の力を信頼し、身をゆだねることで治す力はより活発に働きます。