こころと体の関係

楽しい時には体の調子が良く、
何か特別なことがあるわけでもないのに、
こころも自然と明るくなる。

そのような経験がありませんか?

経験のない方は右手の中指を動かしてください。
今度は左手の中指を動かしてみてください。
動かせましたか?

ここに重要なポイントがあります。
今、『右手の中指を動かしてください。
今度は左手の中指を動かしてください。』
と言葉を使ってお願いしました。
その言葉を読んだあなたは指を動かしました。

このことは私たちのこころと体の関係をシンプルに表しているのです。

言葉は実体のない情報(=こころの中に存在するもののひとつ)です。
そして、こころで考えていることが変化すると体の状態も変わっていく。
逆もまた然りです。
体の状態が変化するとこころの状態も変わっていきます。

辛い作業を長い時間行っているとだんだんイライラして嫌になってきますよね。
つまり私たちのこころと体は、
どちらかの変化がもう一方の変化を引き起こすような
相互関係を持っているということなのです。

ですから、こころの不調を改善していく時には体も診る。
体の不調を改善していくときはこころも診ることが必要なのです。

カウンセリング

施術後は、来院された方の心とからだの状態や、日頃気をつけるポイントについて、アドバイスします。

こころの働きをもう少し見ていくと、こころの働きには性格、思考パターンだけでなく、習慣や学習、体の使い方(立つ、歩く、走るなどすべての体の動き)、本能的な判断までもが含まれます。これらは自分で自覚している顕在意識と自分でも気づいていない無意識の領域のどちらかに存在しているのですが、体に影響を与えているという意味では同じです。

また、私たちのこころと体は自己表現の場でもあります。考えていることや思っていることが何らかの形で外に向かって表現され、さまざまな欲求が満たされている時は良いのですが、長い間何かをグッと我慢していたり、何かに対する強い欲求が満たされないこと(自分で気づいている場合、気づいてない場合があります)が続くと、それらは痛みやさまざまな症状としてこころと体に表現されてしまいます(それほどまでに「表現すること」は大事なことなのです)。